横浜で包茎手術を受けたボクの体験記

包茎手術のためのおすすめクリニック【横浜版】 » 包茎の基礎知識 » 自分が包茎だと気づいたら…手術までの心構え

自分が包茎だと気づいたら…手術までの心構え

包茎手術を受ける決心をするまでに、かなり長い時間を要したのではないでしょうか。

人に見られたらどうしよう、手術の痛みに耐えられるだろうかなど、人に聞けない不安がたくさんあると思います。

そこで、包茎手術を受けるまでの心構えや気をつけておきたい点などをまとめてみました。

手術は意外と手軽に受けられる

包茎手術を受ける側の人は、一世一代の決心かと思いますが、手術自体は意外と手軽に受けることができ、カウンセリングをしてそのまま手術に入れるクリニックもあるほどです。いろいろな心配があると思いますが、生死を争う手術ではなく、その後のメリットのほうが大きいことを理解して、受けると決めたなら前向きに取り組みましょう。

なかなか人に打ち明けることは難しいですが、意外とたくさんの人が包茎手術を受けています。

痛みは一切なく、あっという間に終わってしまう

性器はぶつかったときなどの痛みがとても強いので、手術の際もすごく痛いのではないかと心配になりますが、きちんと麻酔をかけてから行うので、手術中の痛みはまったくといってよいほどありません。トイレも問題なく済ませられますので、安心して手術に臨みましょう。

性器は清潔にしておく

他人に性器を触られるのですから、やはりしっかり洗って清潔にしておくことはマストです。また当日はシャワーが禁止となっていますので、性器だけではなくお風呂に入って全身きれいにしておくことをおすすめします。

手術後は大きな痛みもないので「こんなものか」と思う人も多いようですが、やはりそれまでの間にかなり気を張っているようで、終わった後どっと疲れが出るという人がほとんどです。手術後には予定を入れず、まっすぐ帰ってゆっくり休めるようにしておきましょう。

カウンセリングで疑問点は全て取り除いておこう

不安なく包茎手術に臨むには、カウンセリングでプロの話をしっかり聞いて、一切の疑問点を解消しておくことが重要です。

包茎手術では傷跡がほとんど残らないケースもたくさんありますが、クリニックによっては傷跡が残ってしまうことがあるなど、医師の技術によって術後の状態がかなり違うといわれています。

1箇所だけでなく複数のクリニックでカウンセリングを受け、ここなら安心して任せられるというクリニックで手術を受けることをおすすめします。

 
ページの先頭へ